自分でできる!車の塗装修理の下地処理に便利、SOFT99 ( ソフト99 ) ペイント ボデーペン プラサフ 08003 [HTRC2.1]

車のスリ傷が増えてしまったので、塗装しました。やってみると思ったより簡単でした。きれいに仕上げるには、ペンよりもスプレーがおすすめです。

まず、このプラサフで下地処理をします。サビを防いだり、塗料のくっつきをよくしてくれます。色はグレーなので、スプレーした範囲がわかりやすいです。プラサフが乾いたら、色のスプレーをします。メーカーの色ごとに、スプレーが出ています。

色のスプレーが乾いたら、次に透明なクリアーのスプレーをします。これで光沢がでてきます。

全部で3種類のスプレーをして、終了です。もちろん、修理前に洗車してホコリ等はとっておいてください。

新聞紙等でスプレーが飛んでは困るところに目張りしておくと安心ですが、わたしはやってみたら新聞紙の影にプラサフだけのこって色を吹き忘れた部分ができてやりなおしたりしたので、次回は新聞紙無しでいいかなと思いました。そこは自己責任でお試しください。

良かった点
・数千円でキズが目立たなくなった。板金屋に頼んだら数万円は掛かっていたところです。

気をつけるべき点
・乾いてから次の工程に移ること。わたしは暖かい日にやったので10分程度乾かしたらどんどんすすめてしまいましたが…。
・垂れないように、スプレーをしすぎないこと。薄く、重ね塗りしたほうがいいです。厚く吹くと乾くのも遅くなります。

amazon商品ページ▶

(ビジー・ワン)